FC2ブログ

ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

ハーフパイプの2-3フィニッシュ、おめでとう
10代でメダリストってすごすぎます…
15歳のころなんてなーんにもしていなかった
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


紗羅ちゃんも大健闘ですよね!
オリンピックで4位ですもん、すごい!

若い彼らはこれからも楽しみですね
がんばってまっすぐ伸びてほしいものです。




さて、ベトナム旅が終わり箱根旅も残りわずか…

そんなこんなで、2013年12月の
ちょいと北への旅のレポです。




今回の旅の始まりは…
ある日、ウチのツレが言いました。
「華厳の滝って見たことないんだけど」


ぇぇぇぇぇぇぇぇ


わたしが小学生だった当時
神奈川県内の公立小学校では
修学旅行には日光に行くのが定番
日光とくりゃ華厳の滝だわよっ




アレ?こういうくだり
去年にも会話したような…


こういうときにブログをやっているのは便利です。
1年前に箱根に行ったいきさつ
丸っきり今と同じ状況だったわ




それなら年内に日光に行ってこようかと
宿泊を探したのが11月中旬のこと。
ちょいとタイトな日程だったので
なかなかよいところが見つからなくて
日光はあきらめて鬼怒川に宿泊することになりました。




思い起こせばウン十年前。
(十ウン年前を言いたいけれどウソはいかん!)
学生時代に鬼怒川で合宿をしたとき
ホテルのすぐそばで火事があって
夜中にたたき起こされたっけ…


類焼は免れて大丈夫だったんだけど
わたしのなかでは「鬼怒川=火事」
そんなイメージを払拭するためにも
鬼怒川に行っておくのもいいかも(笑)




そんなこんなで東武鉄道の大宮駅。


東武鉄道大宮駅


首都圏から電車で日光方面に行く場合
新宿駅からJR・東武の直通特急列車があり
わが家から行く場合、大宮駅から
この直通電車で行くのが一番便利です。

でも、この電車に乗ってしまうとコレが使えない。


まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス


「まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス」
東武鉄道の発駅~下今市駅かんの往復乗車券に
下今市駅~東武日光駅・東武湯西川駅がフリー区間
日光や鬼怒川温泉周辺のバスのフリー乗車券
その他の施設などで割引も受けられる企画切符です。

料金は4月~11月と12月~3月で若干違っていて
4月~11月のちょいと高いほうの料金で
一番遠い浅草を発駅としても5,980円、4日間利用可と
かなりオトクな切符になっています。
東武鉄道のオトクな切符ページ⇒


春日部駅


東武鉄道大宮駅でこの切符を買って
生まれて初めて東武野田線に乗って
クレヨンしんちゃんでおなじみの(笑)
春日部駅からスペーシアに乗ることにしました。
(東武大宮駅の企画切符売り場はカード利用不可でした)


スペーシア


東武特急100型「スペーシア」
日光発着の「けごん」と鬼怒川温泉発着の「きぬ」
2列車が運行されています。


車内
(車内外国人観光客率けっこう高し!)


春日部から鬼怒川温泉までは約1時間半
あっという間に鬼怒川温泉駅に到着です。


会津鉄道


鬼怒川温泉駅のホーム反対側には
会津鉄道のこたつ列車が止まっていました。

臨時列車のようですが、すっごく楽しそう
いつか乗ってみたい


鬼怒川温泉駅


さて、鬼怒川温泉でなにをしよう!?




日光・鬼怒川旅が終わったらまぢでネタないんですが…ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ
ありがとうございます<(_ _)>





スポンサーサイト



忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる