FC2ブログ

ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

台南でまた地震が起きてしまいました。
ニュースによると、ビルが倒壊し
死傷者が多数出ている模様…

近々行きたいと思っていた
美食の町 台南での惨事は
見ていて心が痛みます。

東日本大震災のときには台湾から
たくさんの温かい支援をいただきました。
何かできることがあれば恩返しがしたいです。


1日も早い復興を心から願いながら
2015年10月台北旅のつづきです。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


羽田空港発10:45のエバー航空 BR189便に乗ると
台北松山空港着は13:30。

BLACKLANEの送迎車のおかげで
するするとホテルに行くこともできたので
台北の町に繰り出したのは15時くらいでした。

台湾旅恒例のヘンなモノ探しと
後日行く予定のお店などの下見をしつつ
まずは大好きな誠品書店 敦南店へ。


光華商場


ホテルの割と近くに光華商場があります。
以前、ツレがASUSのタブレットを買ったところ…
なるべく近寄らないようにしないとねっ!


そんな警戒もしつつ歩いていると


下校の風景


小学校の下校の風景を見かけました。
台北では家族がお迎えするのが普通なのかな?


誠品書店敦南店


『誠品書店 敦南店』でーす!


今回はツレが一緒だったので
地下の雑貨や文具などのフロアは
じっくり見ることができませんでした(´;ω;`)

その代わり、書籍のフロアは
ゆーっくり見て回りましたよー!


誠品書店敦南店


こうやって切り取って見ると、日本で撮影したみたい?(笑)


誠品書店敦南店


お!?「秋刀魚」という雑誌を発見しました!
盛岡特集に岩手出身のツレが食いつきます!!


誠品書店敦南店


福田パンが載ってるー!
でも、その下は盛岡バスセンター
どーゆー基準で選ばれているのかわかりません(笑)


調べてみたところ「秋刀魚」は
日本文化をテーマにした隔月刊誌だそうです。

台湾文化をテーマにした「小籠包」とか
フランス文化をテーマにした「トリュフ」とか
そーゆーイメージなんだろうか…

と、とにかく
日本文化を知ろうとしてくれる姿勢は
とてもありがたいことだと思います。

ただ、間違った紹介だけは
しないでいただきたい…ですね(;^_^A


誠品書店敦南店


文化というと、台湾の書店では
こうやってその辺に座って
雑誌や本を座り読みしているひとを
けっこう見かけます。

日本でも最近では
書店にイスがおいてあったりして
読めるところもあるようですが
地べたに座っている人は
あまり見かけませんよねー。

そもそも、地べたに座るのって
体育のときくらい?
走った直後に地べたに座ると
ヂになるからダメ!なんて言いませんでした!?

ヂになるのは関係ないとして(;^_^A
本屋さんで座り読みOKっていうのが
台湾文化のひとつのようです。


誠品書店敦南店


雑誌だけじゃなく、日本映画も人気なんでしょうか。
「深夜食堂」シリーズは特に人気がありそう?


誠品書店敦南店


古典文学も人気ー。
(っていうか、うしろのタンクトップのお兄さんが気になる…)


誠品書店敦南店


もちろんマンガも大人気!
日本のマンガコーナーは
けっこうなスペースを占めていました。


地図


何回行っても楽しめる誠品書店
次回は雑貨や文具もじっくり見たい!

台湾に行ったらぜひ行ってほしいお店デス♪




がんばろう、台湾!ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 
ありがとうございます<(_ _)>




スポンサーサイト



忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる