ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものようにだらだらお届けしてきた
2013年12月鬼怒川・日光旅は今回が最終回になります。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


東照宮の奥宮拝観を終えてから
さらに境内を見学して歩きます。


唐門


陽明門を見ることはできなかったけど
コチラの「国宝:唐門」もかなり立派!


胡粉が塗られています


「胡粉」が塗られているので白いんだそうです。


細かい彫刻


白く塗られているのも珍しいですが
細かい彫刻にもすごいんだそうです。


鶴もビックリ!


鶴と龍の配置が面白かったのでつい…




日光東照宮といえば陽明門・三猿・眠り猫
そして鳴き龍が有名です。


本地堂


鳴き龍は「本地堂」という建物の天井に描かれています。


中に入ると案内係のお坊さんが
鳴き龍の説明をしてくれます。
説明のあと、拍子木を打って
音がこだまするのを聞かせてくれます。

拍手などは禁止になっているので
お坊さんの打つ拍子木が
カーン!カーン!カーン!カーン!カーン!カーン!


撮影、録画などは禁止でした、残念。




04-28-14 (6)


信仰心は薄いんですが(苦笑)
お寺や神社の空気は気持ちが静まって好きです。

大修理が終わったらまたゆっくりと
拝観したいものです。

全部の修理が終わるのは10年後なんですねー。
10年後、奥宮のあの階段を昇れるかしら…




東照宮を出てから二荒山神社でお参りだけして


二荒山神社


日光駅へと戻りました。




帰りのスペーシアの車内では恒例の


〆びー


旅の終わりの〆びー




どこの駅かは忘れてしまったんですが


懐かしの!


懐かしの旧東海道線の153系発見!

わたしにとっての東海道線は
やっぱり153系なのよねぇ(笑)

最後にいいモノを見せてもらって
ガッカリ感も多少薄れた鬼怒川・日光旅でした。


長い間おつきあいをありがとうございました




貝殻が原料の「胡粉」は
古くから日本画の絵の具などで使用されていますが
最近ではネイル用の胡粉も開発されています。



天然素材だから安心安全なネイルとのこと。

使ってみようかしらってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ
ありがとうございます<(_ _)>





関連記事
スポンサーサイト

コメント

工事期間10年なんですね・・あ~私、おばあちゃんだわ(;´Д`)
このネイル、生協で買いました~!アルコールで落せるのがいいというけど、サッと落せず、何度もこすりイラッとしました~。

このあたり、行ったハズなんですけど
あまり細かいところは見てなかったみたいで
龍とか鶴とか、細かい彫刻が色々あるんですね。

10年間も工事するんですか?!
かなりの長期戦で・・・遠いなぁ(笑)

唐門は私が行った時よりも白さが際立ってきれいな気がします
徐々に修復されてるのでしょうけど、ちょっと長いですね
大事に維持していくには仕方ないのでしょうか
そうそう、鳴き龍は研ぎ澄まされた不思議な感覚でしたよね
写真撮影NGなところがまた神聖さを増しますね

懐かしい東海道線も眺められて、電車って面白いですよね
私もあのタイプのが懐かしくて好きです~

■ベスパ・マンダリニアさん

そうなんですよ、10年後って考えるとゾッとしますよね…
でももう一度陽明門を見てみたいようなそんな気はしています。

今の生協はいろんなものを取り扱っているんですねー!
ネイルってネイル自体よりも除光液のほうが爪に悪そうな気がして
それでアルコールで落ちる胡粉ネイルがいいかなぁと思っていたんですが
落ちなくてイラッとするんですかぁ…それも考えものですねぇ(^_^;)
情報をありがとうございました☆

■はむこたん

奥宮に行ったんなら通っていると思うんですけど
団体さんで行くとおしゃべりに夢中だったりして見逃すことも多いかも!?
ぜひもう一度行っていただきたいけど、行くなら10年後がおススメです(^_^;)

10年後でもはむこたんはまだまだ若いから大丈夫!
わたしは…考えたくないわっ(-_-;)

■Yottittiさん

唐門は修復が終わったあとなんでしょうか?
国宝ともなれば時間をかかけての修復になるのはしょうがないんでしょうけど10年は長いですよね…
後世に残していくためには必要な作業だとはわかってはいても
もしかするともう陽明門を見ることはないのかなぁなんてこともよぎったり…(-_-;)
鳴き龍の音のこだまは吸い込まれていくような感覚でした。
科学的に解明されているとはいえ、お寺で聴くとフシギな感じがしますよね。

わたしにはあの東海道線が一番東海道線に思えます。
夏の夕方の上りの車内のコパトーンの香り…懐かしいです(笑)

こんにちは。
白に塗られているものって初めて見ました。
神社系は朱色だと思い込んでました。
日光、いろいろあって見ごたえありそうですね~。
行ってみたいわ~。

この東海道線の電車、懐かしいわ~。
本当、最近の日本の電車は進化していますものね。
逆にこういうの見るとうれしいですね。
これって今でも現役なんですか?

■rika3377さん

わたしも神社で白く塗られたものを見るのは初めてかも!?
陽明門とはまた違った趣があって興味深かったです。
rikaさんにもぜひ日光にいらしていただきたいんですけど
何せどこもかしこも修復中なので…(^_^;)
10年後には作業も終わるらしいのでお楽しみにー!

rikaさんもこの東海道線をご存知なんですね!
いま首都圏を走るほとんどの電車は塗装の節約と軽量化のためか
イメージカラーのカラリングはラインのみでボディまでは塗られていません。
↑のは北関東のどこかで現役で動いているのを見ました。
なつかしくて乗りたくなっちゃいましたー(笑)

大改修は10年っすかー!
もう、この山門だけでも見に行きたいっす!(^^)!
10年待ってらんないよねー

■onorinbeckさん

この唐門、JRの栃木県キャンペーンで東照宮の写真として使われてるみたいです。
さすがに修復中の陽明門の写真は遣えなかったんでしょうね(^_^;)
唐門もかなり見事でしたよ!

東照宮全体の工事は平成36年3月31日で終了予定になっています。
陽明門は平成31年3月31日で終了予定なので5年後ですねー。
10年も長いけど、5年もねぇ…とほほ

「国宝:唐門」の鶴を見たら...、
JALの鶴丸マークって、これをパクッた!?
って、ちょっと思っちゃいました~(笑)。

緑とオレンジの旧東海道線塗装車両、
こちらJR東海の管内でもみかけなくなりました...。
そういえば、競争と入れ替わりの激しいビール商品で、
「スーパードライ」のラベルは変わりませんね~♪

■キュウ親さん

わたしも鶴丸を思い出しました!(笑)
どっちが先かといえば、疑う余地もなく東照宮のほうが先ですよね。
初代鶴丸の原案はデザイナーの宮桐四郎さんって方のようです。
家紋にもありそうな形でもあるようなないような(^_^;)

JR東海管区でも↑の懐かしの車両は見かけなくなったんですねー。
新型車両にも乗りたいと思う一方、古い車両も残してほしい…
ワガママなことを考えてしまいます(笑)
そういえばスーパードライのロゴは変わってないですよねー!
変わらないっていうのも大事なことかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/1169-86787a24

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。