ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わってしまった…


W杯


朝から応援してたんですけどね


終わっちまったものはしょうがない。

また4年後、楽しみにしてます。




2014年5月いわき・水戸旅のつづきです。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


『偕楽園』にある休憩所『好文亭』は
細部まで凝ったつくりで見所がたくさん!


東塗縁広間


水戸藩主9代斉昭公が家臣や藩内の老人を招いて
慰労の催しを開いたという総板張りの「東塗縁広間」


網代張り天井


天井は杉の網代張りになっています。


御座の間の網代戸


藩主の御座の間の正面は障子
左右の壁は網代戸になっていて
御座の間に近づく人影が映るようになっています。


板戸の引手


広間の板戸の引手も特殊な作りになっていて
お付が外からでも中をうかがえるようになっています。




楽寿楼への階段


「楽寿楼」と呼ばれていた3階部分にあがる階段
暗くて手ブレがひどいです(-_-;)

階段途中の右手にある引き戸のなかには
賊や敵の侵入に備えて武士が潜んでいたとのこと。

幕末は物騒な時代だったってことですねー。



楽寿楼からの眺め


「楽寿楼」にあがると
千波湖を吹き抜ける風が気持ちがイイ!



「楽寿楼」は3階にあるので
斉昭公発案による食事を運ぶための
エレベーターのようなものがあります。
(画像なしです、ゴメンナサイ!)

東側の障子は3連障子と言われるもので
1枚を引くと2枚目3枚目が自動で
引かれるようになっているそうです。
(触らないでくださいだったので試せなかった…)

『好文亭』の雨戸は景観を損なわないように
戸袋を2か所のみにしているそうです。
戸袋のない部分を通る雨戸は
90度回転して方向転換するそうですが
触れないのでよく分かりませんでした…


富士見窓


「富士見窓」
昔は水戸からでも富士山が見えたんですねー。


陣太鼓の再利用です


この「富士見窓」は斉昭公が陣太鼓を作ったときの
余材を利用して作った窓なんですって。
エコの精神もお持ちのお殿さまだったようです。




動乱の幕末時代、政治の世界で暗躍し
「烈公」とおくり名されたほど激しい気性で女好き
(子供は37人いたらしい…)
進取の精神に富んだカリスマ性の持ち主斉昭公が
自ら意匠を凝らした『好文亭』は
現代人が見ても飽きないくらいに凝ったつくりになっています。


2007年、水戸藩の学問・教育遺産群の一部として
世界遺産の暫定リストに入るべく文化庁に提案。

いつか世界遺産に登録される日が来るとイイね!




水戸に行ったらぜひ見学に行ってみてください!ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ
ありがとうございます<(_ _)>





関連記事
スポンサーサイト

コメント

前回のレポに引き続き、
好文亭の美意識は、ヘタなお城よりすごいですね!!
「富士見窓」、力強さと風流の融合が素晴らしいです~。
そしてこの建物、美しいだけでなく、
藩主さまのセキュリティー対策もバッチリなのですね!
斉昭公、現代人には(あらゆる意味で!?)真似できない、
偉人超人だったのですねぇ。

↓チョコ x 赤ワイン = どっしり!!
焼き菓子はどっしりしてなくっちゃ!!おいしそ~♪

あっという間に終わってしまいましたね。
今年は歴代の青ユニもタオルも1度も出さないまま・・。
4年後、Sちゃんもサッカーやり始めてるかな?
と少々楽しみにしています。
朝からあちこちで警備された警察や機動隊のみなさん、
お疲れ様~と10時ごろ、たくさんのパトカーが
帰ってるのをSちゃんと見送りました^^
(Sちゃん、大興奮でした・笑)

もしかして青缶飲みつつ朝から応援?

サッカー、チっ!と舌打ちしてふて寝しました~<`~´>

階段のお写真、忍者がいるぅ~?いや、ぶ、ぶ、武士?!

日本人の美的感覚って、改めてすてきだな~!と思います。
世界遺産、なってほしいですね(^o^)/

こんにちは。
日本チーム残念でしたね~。
W杯応援のビールとかいろいろ出ていたんですね・・・

こちらはそういったグッズは今回見たことありません。
前回フランスチームにはW杯中の練習を選手がボイコットする等、世界中が注目する中、期待を裏切られましたからね~。
今年はがんばって欲しいです。

水戸黄門を観て育ったので偕楽園、一度は行ってみたいです~。

日本ならではの木造のよさが随所に表れてますね
木造って贅沢な代物だと思います
お部屋からの眺めも最高で、当時をしのばせるようですね
何よりきれいに手入れされ、大事にされているのが伝わってきますね

■キュウ親さん

江戸時代の日本の文化意識の高さは
世界でもトップクラスだったんじゃないでしょうか。
実用的でありながらデザインにも凝っていて
1日いても飽きないような造りでした。
斉昭公もお城よりも好文亭のほうがお好きだったのかも!?
歴史に名を残すってすごいことなんでしょうね。
凡人には計り知れませーん!

ロートヴァインクーヘン、香りも楽しめるおいしい焼き菓子でした♪

■姫っちさん

いつにもましてあっという間に終わりましたね…
今大会はヨーロッパの強豪も予選で敗退
予測がつかないから面白いんだとは思うんですけど
日本には決勝に進んでほしかったですねー!

Sちゃんにもサッカーを習わせるのかな?
20年後には代表入りなんて夢は大きく果てしなく!
まずは4年後を楽しみに待ちましょう…

青缶は夜に祝杯をあげるつもりだったんですが
ヤケ酒になりそうですぅぅぅ

■ベスパ・マンダリニアさん

日本中でチッって感じだったでしょうねー。
午前中にアレコレやって、お昼寝でふて寝しようと思ったら
雷がうるさくて眠れなかったわぁ(-_-;)
ベスパさんのお宅のほうは雹は大丈夫でした?
最近、不安定すぎますよね…

江戸時代の文化は素晴らしいですよね!
コンピューターも写真もない時代に
これだけのものを作り上げた職人たちの技には脱帽です!

■rika3377さん

日本では協賛の企業がいろいろ関連グッズを販売しています。
便乗とも言うかもだけど(^_^;)

フランスではないんですか!
きっと国からのサポートが手厚いんでしょうねー。
日本のスポーツ界はまだまだ後進国です。
フランスは勝ち点6、決勝でもがんばってほしいですね!

水戸には水戸黄門ゆかりの場所などもあるので
次回水戸行では行ってみたいと思っています。

■Yottittiさん

そうですね、今にしてみると
こんなにたくさんの木を使っている建物は贅沢ですよねー!
コンクリートと違って柔軟に組み合わせることができる
木造ならではの美しい建物でした。
水戸の家風を今に伝える好文亭
茨城県民の誇りなんだと思いました。

終わっちまいましたねー。
今朝は4時半におきて冷水で禊ぎまでして構えてたんだけどなあ・・・
でもさ、日本代表、よく頑張ったよね♪

■onorinbeckさん

ギリシャが勝っただけにねぇ…
ほんとに残念な結果で終わってしまいました。
会見での内田や長友の涙、選手が一番悔しいでしょうね…
ザッケローニには続投してほしいような気もしましたが
退任の意向を固められたんじゃしょうがないです。
また4年後を楽しみにしたいですね!

楽寿楼からの景色、いいですね~。
風も吹き抜けたら、本当気持ち良さそう!
昔は、この富士見窓から富士山を見てたんですね。
なんか、すごいです~。

■はむこたん

残念ながらもう富士山は見えないかもしれないけど
千波湖や木々は少しは江戸時代の面影があるのかも!?
お殿さまが富士山を眺めるために作らせた窓から
庶民が景色を眺める現代になったと考えると
なんだか不思議な気持ちになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/1215-b5b634c6

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。