ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年わたしのなつやすみのつづきです。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


『YOKOSUKA軍港めぐり』で米軍基地を見学のあと
海上自衛隊の基地をめぐって見学です。


海洋観測艦にちなん


まず最初に見えてきたのは
逆光で見えにくいですが
「海洋観測艦 にちなん」
海洋情報の収集を目的とした艦だそうです。


次に見えてきたのは


掃海母艦うらが


「掃海母艦うらが」
おもに第二次世界大戦時に撒かれた
機雷の撤去を任務としている掃海隊群の直轄艦。
掃海艦に積めない補給物資を積むことが多いそうです。


掃海艦はちじょう


こちらが「掃海艦はちじょう」
掃海艦になぜ物資を積めないかというと


木製です


機雷の撤去のために磁気を帯びることのない
木材で製造されているので重いから…だったと思います。
違っていたらゴメンナサイ

「はちじょう」は1992年の進水で古い型なんですが
いまではFRPなどの新素材で建造されているそうです。


掃海母艦うらが


「うらが」の艦の後ろの部分にはハッチがあります。


物資の積み下ろしができます


このハッチから補給物資の積み下ろしをしているんですねー。




さて、変わってコチラの潜水艦


レアな潜水艦


非常にレアな潜水艦なんだそうです。


どのへんがてレアなのか、おわかりになりますか?


退役潜水艦


鳥さんがゆったり羽を休めています。




退役した潜水艦なんですって。
もう錆が浮いてしまっていて、なんだかもの悲しい感じ…

解体されてスクラップにになるのか
まだ決まっていないのでここで係留されているんだとか。

軍事機密の部分は取り外されているんでしょう、ね。




長くなっていますが、軍港めぐりレポはまだつづく…ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 
ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
スポンサーサイト

コメント

人がいっぱいですねー。
確かに、こんなの前にしたら
カメラ構えたくなります。

艦によって、それぞれ目的が違うんですね!
・・・でも、ゴメンなさい。
私はどれを見ても、同じに見えてしまいます・・・。

優秀な掃海能力を誇る、日本の海上自衛隊。
自衛隊は実戦には参加していないけど、
掃海任務は、本物の機雷を取り除く危険な業務、
ある意味...実戦と同じですよね~。

危険な掃海任務にあたる艦船を、間近で見られるって、
とってもありがたいことだと思います♪


前記事コメの...成田美名子さん、懐かすぃぃ!!
「エイリアン通り」と「サイファ」、楽しみにして
読んでました~♪

■はむこたん

土曜日だったからか、この日も満席だったようです。
前回乗ったときは軍ヲタっぽい人が多かったんですが(^_^;)
今回は8月下旬で夏休み期間中だったので
ファミリー連れが多かったように思えました。
スマホでキレイに写るのかなぁと思ったんだけど
いまのスマホのカメラは性能いいんでしょうねー。

興味がなければ同じに見えますよね(^_^;)
わたしもアイドルグループを見ても区別がつかないもん(笑)

■キュウ親さん

港の沖の磁気測定装置が必要なくらいに
日本の海自の掃海艇の出番が多いってことなんですよね…
世界の海には第二次世界大戦中の機雷や魚雷が
たくさん眠っているんだとか…
機雷の撤去は専門家でなければできないこと。
また、「うらが」はアフガニスタンの難民キャンプへの
支援物資も届けに行ったことがあるそうです。
平和的活動にも自衛隊はがんばってくれているんですよね。

地震、津波、土砂災害、火山の噴火…
常に危険を伴いながらがんばる自衛隊には感謝の念に堪えません!


「エイリアン通り」「CIPER」は成田作品の大ヒット作ですよねー。
多感な時代に読んだシャールくんやジェイクやロイたちが
オシャレでまぶしく見えてしょうがなかったです(大笑)

機雷の撤去のために、船の任務を果たして活躍してますね
あまり知られていないようですが、こうして訪れると、いろいろな役割があって、存在意義がよくわかります
鳩のためのお便所になってしまった潜水艦は、まだ引き取り手がいませんでしたか
まだまだ、鳩のための潜水艦になりそうですね

図書館に予約していた本が一気に10冊以上も順番が回ってきまして、ドラマ鑑賞は中止して一冊を2~3日ペースで必死に読んでいます。
昨日から読んでいる、安生正・著「ゼロの迎撃」という本はまさに自衛隊が出てくるんですよ。
まだ海上自衛隊が出てくる場面ではないけど、写真を見ていると読書するのにもイメージがわいてきます。
「FIVE-O」でも軍関係がよく出てきますが、やはり自衛隊の方が何となく身近に感じます。
いつまでも平和を守る軍隊であってほしいですね。

■Yottittiさん

日本のメディアはなにかことが起こるとネガティブな方向に騒ぎ立てますが
自衛隊が世界平和に貢献しているってこともきちんと報道してほしいですよね。
莫大な予算をつぎ込むことにもろ手をあげて賛成することはできませんが
災害が起こるたびに自衛隊の存在意義を感じることは確かです。
世界が平和であるように協力するのも国として大切なことですし
わたしたち一般市民にできない部分を自衛隊に担ってもらうためには
こういう設備もある程度は必要なんじゃないか、と思います。

Yottittiさんが軍港めぐりをなさったときにも係留されていたんでしょうか。
鳩のお便所になってしまった潜水艦、かわいそうでした(^_^;)

■Mamy-Pokoさん

一気に10冊は大変だー!(笑)
でもMamy-Pokoさんなら余裕で読めそうな気も!?
「ゼロの迎撃」は読んだことがないので、さっそく予約いれますねー。
有川浩さんの「空飛ぶ広報室」や自衛隊三部作など
自衛隊が出てくる小説は多いですよね。
小説を読んでから見学すると大きさなどがよくわかりますし
読む前に見学しても細部まで想像できそうですよね!
こうして見学をしていると、改めて憲法第9条の重みを感じます。
自衛隊は平和に貢献する部隊であり続けるよう願います…

こんばんは。
米軍の他、自衛隊の軍艦もあるんですね(^o^)/
しかし、こんなに大きな鉄の塊が浮いちゃうんだものねぇ。

安倍さん、法改正しないといいなぁ。

■ベスパ・マンダリニアさん

そうなんですよー。
基地の町、横須賀には米軍だけじゃなく自衛隊の基地もあります。
鉄の塊が浮いたり飛んだり、文明の進歩ってすごいですよね!

子供の頃から日本は戦争はしないって教わりましたもんね。
憲法第9条は簡単に改正してはいけないと思います。

こんにちは。
日本にもこんなに軍艦がたくさんあるんですね~。
すごいです。
こちらでは残念ながら実戦で使います。
今もすごい状況になっているようで・・・
本当軍隊が必要のない時代になってほしいです・・・

↓マーガレット、本屋でいつも立ち読みしてました。
そうそう親にはマンガ=悪だったんですよね・・・
エイリアンストリート、なつかしい~。
アラブの王族って一体どんな人たちなんだろうと思ってましたよ。

■rika3377さん

ウクライナ問題、イスラム国問題、日本にいると遠いところでの話ですが
ヨーロッパに住んでいると近いだけあって深刻な問題なんでしょうね…
生まれてからずっと実戦に参加したことのない日本に住んでいると
ほんとに平和ボケしているんだろうと思います。
でも、世界中が平和ボケするのが理想なんですよねー。

rikaさんもエイリアン通りなど読んでましたかー!
あの頃の自分にとっては夢のようなストーリーでした。
アラブの王族…シャールくんの宗教ってなんだったんでしょうねー…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/1299-1222141a

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。