ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テンション高いままに江戸東京博物館を見学です。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


江戸時代の町の人の暮らしぶり
もう少し見て歩きましょうか。


お寿司の屋台


お寿司の屋台が再現されていて

現代日本ではハレの日のおごちそう感のあるお寿司も
江戸時代には屋台めしだったんですねー。

回転寿司は屋台めしの流れなのかな!?(笑)


千両箱


千両箱ってこんな形だっけ!?
水戸黄門とかで見たヤツは
もう少し幅が広かったような気がするんだけど…

↑の千両箱は実物の重さになっていて
誰でも持ち上げチャレンジができます。

ちょいと動かしてみたらかなり重かった!
肩にかついで走っていた(と思われる)鼠小僧は
重さに耐えかねたため、民家に少しずつ投げ入れていた…
なんて勝手な珍説を想像してみました。


三井の看板


商社は呉服屋さんが始まりだったんですね。
江戸時代から続いているマークです。


錦絵の製造工程


錦絵の製造工程。

浮世絵=錦絵なんだと思っていたら違っていました。

錦絵は浮世絵の一種なんですね。
浮世絵にも時代によって流行があって
錦絵は歌麿や写楽の時代に発展し
歌川派で完成された浮世絵の最終形態なんだそうです。

…自分でもわけわからんちんだけど(-_-;)


錦絵完成




江戸時代の年中行事なども紹介されています。


神田明神の山車


神田明神の祭礼の山車の模型
間近で見ると圧倒されます。


神田明神の祭礼


祭礼のジオラマ


隅田川の花火大会


隅田川の花火大会のジオラマ




江戸時代の人々の最大の娯楽
芝居のひとつである歌舞伎の紹介も。


歌舞伎


実物大の舞台に豪華な衣装をまとった人形が。


市川団十郎


怪談話の舞台のからくり装置などを
ジオラマでわかりやすく説明していたり
じっくり見たい展示ばかりです。




江戸東京博物館だから江戸だけじゃなく
東京も展示されています。

ってことで、まだつづく…ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 
ありがとうございます<(_ _)>



関連記事
スポンサーサイト

コメント

隅田川を高速道路から眺めることが多いのですが、遊覧船くらいしか見かけず。昔はこんな感じだったんですね。
夏場は船の上で涼みができたんでしょうね。
やっぱり江戸は粋でいいなぁ。

たぶん、中学・高校とかで行ったら
授業の内容ともかぶったりして、いいんだろうけど
そのくらいの時に行っても、間違いなく100%
『だるい、うざい、つまんない、メンドー』って言ってるなぁ・・・
と、思ってみました。

大人の今だからこそ、こーゆーところって
素直に楽しめますよね。

■ベスパ・マンダリニアさん

江戸時代には海岸線の位置もいまと違っていたから
隅田川の景色もいまとは違って見えたことでしょうね!
もっと空も広くて高くて、そこでの花火大会は
さぞやすばらしく見えたことでしょう。
海風が吹き抜けるなかを納涼船で花火大会見物…
実に粋な時代ですよねー!

■はむこたん

修学旅行で京都や奈良に行っても
お寺の記憶なんかひとつも残っていないですもんね!(^_^;)
いまなら喜んでじっくりとお寺も見て回るのに…
大人になると興味の対象も幅も変わるものですよねー。
江戸時代の粋な文化と技術の高さに驚かされる展示の数々
ゆっくりじっくり見て回って楽しかったです♪

こんなのあったな~、これは見てない、と楽しませてもらってます。
千両箱は無かったような……。
これ担い……いや、担ごうとしたんですね。
いいなー。

私は、肥桶担ぎましたよ。( ;∀;)
でもこれが、中々難しかったです。

ジオラマは細部まで本物そっくりに作られているのでしょうね。
素晴らしい!

千両箱 ぜひ担いでみたいです。
日本は昔の伝統をきちんと現代に伝え続けている国だと思いますが
江戸東京博物館、海外からの方たちにも
大いに訪れてほしい観光スポットですね。

お邪魔します。
こういう歴史的な博物館ってなんだか
ワクワクするんですよね。
まだいったことないのでぜひ行ってみたいです!(^^)!

■くーままさん

かなりの広さ、展示物も数多くあったので
ワタシも全部見たかどうか、自信がありません(^_^;)
千両箱、ちょいとさわった程度ですが
かつぐのはけっこうキツイと思いました!

肥桶、あったかな!?
振り売りの天秤棒と纏はありましたけど
ここも外国人観光客が楽しそうで(^_^;)
千両箱をいじったくらいで終わってしまいました(笑)

■ユッカリンさん

コチラの博物館のジオラマは実にすばらしいですよ!
アーティストの目から見てどう映るのか
ユッカリンさんにもぜひ見に行っていただきたいです!

千両箱の重さにはビックリしました。
江戸時代の泥棒は体力あったのねぇ…なんて(笑)
夏休み中だったので、ノートを片手にメモをする
小学生たちもけっこういました。
外国人観光客も楽しそうに見学していて
よい博物館だと思いました。

■ジャムさん

ご訪問&コメントをありがとうございます☆

ワタシも今回初めて行ったんですが
こんなに規模の大きい充実したところだとは思っていませんでした。
もっと国内外に宣伝してもいいんじゃないかしら?
そう思うくらいよい博物館でした。
ぜひ一度行ってみてください♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/1569-68ee76fe

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。