ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大雪の地方の皆さん、大丈夫ですかー!?
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。

土曜日にさんざん雪の警告がが出ていながら
雨降りですんでラッキーでした。

昨日も今日も空気は冷蔵庫のなかみたいに冷たさ…
でも天気予報によると、関東地方は
沖縄の次にあったかいみたいですねー。
なんかもう、ウッソみたい!

そういえば、沖縄本島でもみぞれが降ったとか…
どーなっちゃうの日本列島!?
どーなっちゃうの地球!?


とりあえず、よく晴れているので
寒いくらいはガマンします、ハイ。




そんなこんなで、2015年9月高野山・奈良旅のつづき
奈良が初めてのツレのための修学旅行コース
第2弾は『薬師寺』


薬師寺


『唐招提寺』からだと徒歩でも15分ほどのところにあります。
ここは駐車場節約のために歩きたいところですが
年寄り連れのわが家はクルマで移動…(;^_^A


薬師寺


天武天皇9年(680年)に天武天皇が発願
現在の橿原市に造営を開始
和銅3年(710年)平城遷都に伴って
現在地に移転したんだそうです。

710年平城京遷都
「南都の名は平城京」って覚えたような…


薬師寺


唯一創建当時より現存している国宝「東塔」は
平成21年より解体修理中…

2014年の松島瑞巌寺
2013年の日光東照宮輪王寺にひきつづき
修理中お見舞い申しあげますです(´;ω;`)


薬師寺


金堂は享禄元年(1528年)に戦火に巻き込まれ
西塔とともに焼け落ちて以来400年近く仮堂のままで
金堂再建が歴代の住職の悲願だったのが
昭和51年(1976年)に再建が叶ったそうです。


薬師寺


昭和56年(1981年)に再建された西塔
金堂とともに鮮やかな彩色にビックリします。
日本の寺社仏閣は木の生地の色のままのイメージですが
創建当時はどこもこんな風な色だったのが
年月とともに色あせ、木の色になったんでしょうか。


薬師寺


『薬師寺』は境内がふたつに分かれています。


薬師寺


駐車場のほうから入ると
金堂や東塔・西塔のある
白鳳伽藍から拝観することになります。


薬師寺


いったん公道に出て、この大門から入ると
玄奘三蔵院伽藍に入れます。
(玄奘三蔵伽藍は非公開の時期もあるので要注意)


薬師寺


『薬師寺』は「法相宗(ほっそうしゅう)」なんですが
西遊記でおなじみの玄奘三蔵の教えの流れを
継承している宗派なんだそうです。


薬師寺


昭和17年(1942年)に旧日本軍が南京で
玄奘三蔵のお墓を発見。
中に入っていたご頂骨(頭骨)は日中で分骨され
分骨の一部が薬師寺のこの伽藍に収められています。
(残りのご頂骨は埼玉県岩槻市のお寺にあるらしい)

南京で旧日本軍が…うむ…


薬師寺


玄奘塔に掲げられている扁額「不東」
西にある天竺にたどり着くまでは東はない
玄奘三蔵の意思を表したものだそうです。

すごすぎるー。


『薬師寺』
拝観時間:8:30~17:00(受付は16:30まで)
拝観料:個人 大人1,100円(玄奘三蔵伽藍非公開時は800円)
駐車場料金:乗用車500円




にんにきにきにき♪にんにきにきにき♪
2014年からTBSオンデマンドで配信開始してるんですってよ!
わかる人は仲間♪仲間♪( ̄∀ ̄)ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 
ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
スポンサーサイト

コメント

金堂や西塔のように、
煌びやかな雰囲気がある新しい木造建築と、
時間が経って風格がある建造物と、
どちらも美しいですねぇ。
木の建物の刻の移ろいは、人の世の何かを
感じさせますよね~♪

で、にんにき...とくれば、夏目雅子サマ!!

週末は出張で東京だったのですが、
とりあえず雪でなくって助かりました。

710年平城京の覚え方は、『納豆ネバネバ平城京』でした。
なんの脈絡もないんですけど・・・。

薬師寺、どこもすごい絵になりますね!
白色と、このえんじ色みたいなカラーのコントラスト
ステキです♪

まさに“修学旅行コース”!
息子の写真の中にもこの風景がありましたわ。
もっとも、こちらの方が撮影はとてもきれいですが(苦笑。

西日本は土曜日から冷蔵庫の中より寒い状態です。
まるで冷凍庫・・・。
石油ストーブ・エアコンをフル稼働したリビングがら動けません!
今日も私は雪で家から出られないし。
それでも、ダンナは私の車で(軽で小回りがいいから)息子は自転車で朝早くに出勤しましたが。
午後になって積もった雪も溶けてきたので、明日は用事が色々できそうです。

■キュウ親さん

色彩豊かな新しい建物が長い年月を経て風格を増して
現在のような趣のある建物になってきたんですねー。
昭和に再建された西塔や金堂も1000年先には
色彩もあせ、風格を増しているんでしょうね。
1000年先まで残る仕事、スゴイです!

西遊記つながりでドリフから夏目雅子さん
あの時代のTV番組はよかったですよねー!
よい子供時代だったなぁなんて思います(笑)

出張先で大雪は困りますよね!
予報がはずれて雪が降らなくてよかったです!

■はむこたん

連コメありがとうございます!

「納豆ネバネバ平城京」
いろんな覚え方があるんですねー!
考えた人ってすごいなぁ(笑)

1000年間変わらないってすごいことですよね…
建築に携わったたくさんの人々の名前は残らなくても
この建物はさらに先の世まで残るんだと思うと
言葉で表せないような感動を覚えます。

■Mamy-Pokoさん

ワタシも中学の修学旅行で行ったはずなんですが
ぜーんぜん覚えていないんですよねー(;^_^A
息子さんもいつかはまた薬師寺に行ってみようって思うかしら。

西日本は冷蔵庫を通り越して冷凍庫ですかー!(*_*)
そちらも寒さへの備えが薄そうですもんねー…
そして息子さんは雪でも自転車通学
ワカイモノはパワーが違うわねー(;^_^A
皆さん、風邪などひかないようご注意くださいね!

金堂は再建され昔の風格を思い出させるようですね
玄奘三蔵院伽藍も立派な建物で威厳がありますね
東塔は修繕中ですか~
すごい箱モノで迫力がありますね
日本ではなかなか修復作業を見たことがなかったので驚きです
Mさんはよく遭遇されてますね
ここ近年は多いのでしょうね
時代を超えて語り継がれていくことは素晴らしいですね

■Yottittiさん

1300年前に建てられた建物だと思うと感動します。
創建当時の奈良時代の人々はどれだけ感動したことでしょう!
ここ数年、国内の有名な寺社仏閣に行くたびに
平成の大修理中にあたることが多くて
ラッキーなんだかアンラッキーなんだかわかりません(;^_^A
オリンピックまでに修繕しようっていうことなんでしょうか…
めったに行かれないところで修繕中だとちょいとガッカリです。
とはいえ、この先100年も1000年も引き継いでいくためには
定期的な修繕が必要なのはしょうがないんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/1661-e29c2bd9

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。