ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年10月台北旅のつづきです。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。


台鉄鶯歌站を出ると


鶯歌


歩道には陶器の町らしいタイルがあったりします。


前回、鶯歌に来たときには
鶯歌老街の陶器街に行っただけだったので
今回は周辺にも足を延ばして
『鶯歌陶磁博物館』へ。


鶯歌站を出て右方向へ


鶯歌
(google mapからお借りしました)


この信号のところで左折
そのまままっすぐ進んで


鶯歌
(google mapからお借りしました)


正面の建物の左横の
不安になるような細い路地に入ります。


鶯歌


するとこんな緑のうっそうとした公園に出るので
公園のなかの階段を降りて降りて
正面の大きめの道路を右方向へ。


すると歩道橋があるので渡ります。


鶯歌


歩道橋からは「北国の春MOTEL」なんていう
怪しげな看板も見えます(笑)

何もこんなところに日本語を使わなくてもさー(;^_^A


歩道橋を渡りきると


鶯歌陶磁博物館


立派な『鶯歌陶磁博物館』

歩道橋の手前から見えるので
最初の細い路地と公園を通ることができれば
すんなり着けると思います。


入場料は無料の太っ腹博物館


鶯歌陶磁博物館


県立から市立に変わってから
無料になったようです、ありがたや(^◇^)


鶯歌陶磁博物館


無料ながらも陶器の焼き窯や


鶯歌陶磁博物館


各地の陶土の違いで色が変わるんだよっていうのや


鶯歌陶磁博物館
(アイアンマンに見えて仕方がない)


釉の色の違いとかの展示があります。
ほとんどが中国語と英語の説明しかないので
なーんとなくしかわかりませんが…(;^_^A


鶯歌陶磁博物館


荷物の多い人にはありがたい
NT$10入れると返ってくる
無料の寄物櫃(コインロッカー)もある
『鶯歌陶磁博物館』


鶯歌陶磁博物館


かなりの広さなので、もう1回続きます。


鶯歌陶磁博物館


少し遠回りになりますが
文化路をずーっと通って
国慶街で左折しても行かれます。




FC2カート スクエアポーチを追加しました(^^♪
興味のある方はコチラへ⇒ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 
ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
スポンサーサイト

コメント

旅先で、こういう、なんてことのない街中を歩くのって
すごぉーく楽しいですよね♪

キレイで広くて無料で楽しめる博物館って
観光客には特に、うれしいです~。
アイアンマンは
名前は分からないのですが
キン肉マンのキャラで、こんなカンジのがいた気がします~(笑)

行き方をアップしておくと、次回の時にも参考になっていいですよね
近代的な建物だし、荷物も預けられるのはうれしいですね
それに入場料が無料なのはうれしいですね
陶器も言葉はわからなくても、漢字をつないでみたり、雰囲気で理解できると楽しいものですね

あれ、これはアイアンマンじゃないの?(笑
違うなら何?
つい撮影しちゃう気持ち、わかるわ~。
日本でも、美術館・博物館は常設展とかなら無料にしてほしいですね。
せめて、学生なんかは気軽に本物を見る機会を与えたら、
いい教育になるんじゃないかしら。

Googleマップ便利ですね(*^-^*)
なんか私まで行った気分になれます♪

看板、ホントだ!怪しいですね(笑)
街並み、なんとなく日本に似ていますね。

こんなに立派な博物館が無料だなんてすご~い!

こんにちは。
台湾って行ったことないんですが、街並、日本っぽいですね~。
建物一つとっても、そのまま日本にあってもおかしくない感じ。
漢字表示なのが「ああ、ここは台湾」って思いますね。
たまに、日本語がでてますが。笑

歩道のタイルがとても可愛いです。

■はむこたん

何気ない街並みを歩いていると地元のひとの生活が垣間見えたり
ステキなお店があったりして楽しいですよね!
旅先での街散策、大好きです♪

10月下旬でもかなり蒸し暑く、駅から歩いて行ったら汗ばんでしまったので
そのあとにきれいで涼しい(←重要)館内で見学できてよかったです!
ワタシはキン肉マンをあまりよく知らないんですが
こういうキャラがいたんですね!
でももうロバート・ダウニー・Jrのアイアンマンにしか見えないんですよー(笑)

■Yottittiさん

今回ご紹介した道はかなり細い路地や公園も通るんですが
実は「博物館⇒」の小さい看板も出ていたので近道なんだと思います。
昼間の台湾は比較的安全だと思うので、車の通る大通りを行くよりも
細い路地を歩くほうが楽しいかもしれませんね。
入場料もロッカーも無料ってありがたいですよね!
台湾では繁体字が使われているので、漢字文化圏の日本人には
なんとなく理解できる表記がたくさんあって助かりますよねー。

■Mamy-Pokoさん

よかった、Mamy-Pokoさんにもアイアンマンに見えるのね!(笑)
この藍色だけじゃなく、各色たくさん並んでいて
なんじゃこりゃ!って思いました(;^_^A
フランスでも国立美術館は学生入場料が無料なんですって!
無料なら学生でも気軽に行こうっていう気持ちになれるし
親もたくさん連れて行ってあげられますよねー。
そういう教育って教科の勉強と同じくらい大事だと思うので
日本でもぜひ学生無料にしてほしいですよね!

■ベスパ・マンダリニアさん

いつかは行ってみたいと思っている街を
Googleマップで見てみるとなんとなーく様子がわかります。
便利な時代になりましよねー。

台湾にはこんなアヤシイ看板などがたくさんあります!
ウワサによるとマンション「小室哲哉」なんてのもあるらしいです…
日本の名前を付ければいいってもんじゃないよ!と
ツッコミたくなることもけっこうあります(;^_^A

広くて立派で涼しい(←重要)な博物館なのに無料!
観光客にはありがたい存在だと思いました。

■rika3377さん

日本統治時代に町の基本ができたからなのか
台湾にはこういう街並みがとても多いです。
歩いていても違和感を感じないのはそのためなんでしょうね。
看板を見ていると台湾なんだと実感するんですが
ところどころツッコミどころ満載のアヤシイのもあって
でもそこが台湾らしさだとも思います(笑)

陶器の町らしいタイルですよねー。
あちらこちらきょろきょろしながら歩いていると
思わぬ発見があって楽しいです♪

やっぱり台北良いですねー!
ここも、めっちゃ行ってみたい。
前に書いたかもしれんけど、
地元のオヤジの会の仲間が台北にいるんですわー。
ヤツが戻ってくる前に、絶対に一度、行っておこうっと*\(^o^)/*

■onorinbeckさん

台北いいですよぉ!( ̄∀ ̄)
おいしい食べ物、美しい風景、笑える看板などが
三つ指ついてonorinbeckさんを待っています!(笑)
お友だちがいるなら、穴場なども教えてもらえるでしょうねー、うらやましい!
ぜひ行って穴場情報をレポートしてください!
お待ちしていまーす(^◇^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■鍵コメさん

いったい誰のための政治なのか。
ほんとにわからないですよね。
主権在民とは名ばかりな国家なのか?
一億総活躍とか笑っちゃうわー!
悲しくなりますよね…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/1691-e9357cad

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。