ALOHAS★diary

ハンドメイドグッズのネットショップ『Lauae Aloha』のweb担当が綴る国内外の旅の情報ですー☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう花粉も飛ぶ季節になっているっつーのに
クソ寒い日々が続いている関東地方です。
『Lauae Aloha』web担当のMです、こんにちわ。

寒いのに花粉が飛ぶっていう状況が許せないッ
花粉飛ぶなら温かくなれよっ

独り言です。ハイ。




さて、はとバスツアーのつづきです。
雨降りの靖国神社見学のあとは
コチラへと移動しました。


雪の国会議事堂


雪の降りだした国会議事堂
正面から見て左側にある衆議院内部の見学です。

昭和11年に完成した国会議事堂は
当時のお金で2,570万円かかったそうな。
現在のお金に換算する500億円とか700億円とか
とにかくものすごい金額ですわ…

床に引いてある赤絨毯だけで1億円かかるとか。
わが家はニ○リのキッチンマットなんですけど。
(お!値段以上なんだから国会議事堂もニト○でいいじゃん!)

国会の廊下の壁には穴が開いていて
その穴にホースを差し込んでほこりなどを吸い取る
真空掃除機システムになっているんだとか。

大正末期~昭和初期の施工ですよー!すごーい!
ぜひわが家のマンションにも導入してほしかった


雪の国会議事堂


中央玄関は、国会開会式に天皇をお迎えするときと
衆議院総選挙・参議院通常選挙のあとの
国会召集日の議員初登院のとき
外国元首の訪問のときにのみ開かれるんだそうです。

中央広間には伊藤博文・板垣退助・大隈重信の銅像が
広間の三隅に置かれています。
一隅だけ空いているってわけですが
理由は不明なんだとか。
(3人と同じくらい優れた政治家がいないっていうウワサです)


雪の国会議事堂


そんなこんなで、ネタてんこ盛りな国会議事堂ですが
内部の撮影はNG!

セキュリティの問題があってNGなんだそうです。
もうほんと残念。ネタの宝庫なのに!


雪の国会議事堂


見学が終わって外に出てみると
ここはモスクワかクレムリンかっ!?
ってくらいな大雪状態でして…
(モスクワには行ったことがないので、あくまでもイメージです)
このあと電車が止まって
家まで2時間歩いたってわけでした
記憶に残るはとバスツアー初体験でした(笑)


意外に楽しく勉強にもなるはとバス
また面白そうなツアーに参加してみたいです





東京駅の正面玄関も普通は使えないんですって。
これまた皇族や国賓のお迎えのときにだけ
開かれるんだそうです。

国の威信を表すってヤツかしらねぇ…ってことで応援ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキングへ
ありがとうございます<(_ _)>





関連記事
スポンサーサイト

コメント

はとバスツアー、
国会議事堂の「建物内」も見学できるのですね~!
これは是非一度、参加してみたいです~。

雪景色の国会議事堂の画像、つい...、
二 二六事件とかの出来事を思い出しちゃいます。

それにしても、ツアー後のご帰宅、大変でしたね!


↓のチョコレート展、
食べるだけでなく、見るのもまた楽しいですね~。

「きのこの山」は、チョコが直接手に付かないので、
ウィスキーのお相手にいいなぁ~と(笑)!!

国会議事堂って、小学校の社会見学で行きましたが
その当時はもちろん、なんの興味もなく(笑)
オトナの今見たら、新しい発見がありそう~。

確かに、雪景色で情緒があって
クレムリンっぽい感じします~!
(見たことないけどイメージでw)

2時間歩いて帰っただなんて、大変だったんですね。
今年、雪多いですよね。
今も降ってるし・・・。

雪景色の議事堂も絵になりますね(*^-^*)
税の限り、違った、贅を尽くした建物なんですねぇ。
テレビで見たのですが、議員さん達の食堂もあるんですよね~
お寿司とかあったような、、、大手企業の食堂でも寿司はないですよねぇ~。

2時間も雪道歩かれたなんて、災難でしたね、、
靴もダメになりませんでしたか?
なによりお体、大丈夫でしたか?お疲れ様でした。

■キュウ親さん

今回のツアーは靖国神社と国会議事堂を回るもので
ひとり2,800円とリーズナブルな割に楽しめるものでしたのでおススメです♪
シーズンによっては修学旅行生とか社会科見学のこどもたちと重なることがあって
そうなるとこども優先で待たされることもあるそうなので
時期を選んで利用するのがよさそうです。

この建物を舞台に数々の歴史的な出来事があったわけで
そういう意味でも感慨深い見学コースでした。
内部撮影ができるともっとよかったんですが…

チョコレートっていうなじみの深い食べ物が題材なので
大人も子供も笑顔で楽しんで見ている、珍しい企画展でした(笑)

ポッキーのように気軽に食べられるのも「きのこの山」のよさのひとつですね♪
「たけのこの里」は季節によっては溶けて手にくっつきますもんねぇ。
やっぱりきのこだわ!(笑)

■はむこたん

小学校で行った記憶がないので、昔は行かなかったんだと思われます。
修学旅行で行った日光や京都奈良のお寺なども
ぜんぜん覚えていないですもんね!
こどものころに行ったのと、大人になってから行くのとでは
まったく違う印象を受けますよねー。
それが大人になったってことなのかしら(笑)

わたしの脳内では冬のクレムリンは↑な感じよ!(大笑)
行ってみたらまったく違ってたりしてね…

今日も雪降りましたねー!
南部しか降らないっていう予報が外れました。
雪に関しては予報ははずしまくりよね!
あと半月で3月なのに、とてつもなく寒いです…

■ベスパ・Mさん

中から見ている分には風情のある雪景色でしたけど
外に出たら地獄のように寒かったわ(笑)
内部の贅を尽くした装飾など、ほんとにすごかったですよ!
天皇の休息の部屋には総建築費の1割くらいかかっているんですって…
どんだけー!!!!(←正しい使い方)

議会場のあたりにはカレーの匂いが立ち込めていたので
食べさせてくれよー!って思いました(笑)
議会場のすぐしたが議員食堂になっているみたいです。
議員さんはお寿司だけじゃなく、カレーも食べるみたいねー!

ありがとうございます☆
あの成人式のときだったんですよ…
中ボアのやっすいブーツを履いていたんですが
干したらちゃんと復活したので、今日も履きました(笑)
安いけどよいお買い物だったわー♪

こんにちは!
モスクワ風の国会議事堂の写真初めてです~。
すっごい雪ですね。
寒さが私にまで伝わってきそうです。
内部写真撮影禁止とは残念ですね。
でも、建築費が2570万円って、一瞬「安いじゃない~。」と思ったのですが、原価に換算するとやっぱりすごいですね~。
でも、日本も国債発行しまくって懐は決して暖かくないので絨毯の買い替えの際はもう少し安いもので済ましても良いんじゃないでしょうか?笑

大雪の日に2時間歩いたというのは
この見学の日だったのですね!
2800円とは本当にリーズナブル。
有名な場所って名前だけで実際行ったこともないことの方が多いので
このツアーはいいですね。

■rika3377さん

とても東京の風景には見えないくらいの大雪でしょう?
もう2月下旬に入るのに、いまだに寒くて異常気象が続いています。
パリとあまり変わらない寒さかもしれません!?

セキュリティのためとはいえ、すべて禁止なのが残念でした。
rikaさんのところで見た、ハンガリーの宝冠公開の様子
素晴らしいことだと思いました。
世界有数の赤字大国?ですもんねぇ。
国会議事堂の絨毯なんかにお金かける余裕はないでしょ、って思いましたよー!

■ユッカリンさん

そうなんですよー。
めったに重ならない友人ふたりのお休みが成人の日だったので
大雪覚悟で決行したんです(苦笑)
最後は大変だったけど、思い出に残る1日になりました(笑)

2,800円でめったに行かれない場所に入ることもできるし
バスに乗っているだけで移動も楽々なので
かなりオトクなツアーだと思いました。
意外に楽しいはとバスツアー、チャンスがあったらお試ししてみてくださいね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lauaealoha.blog107.fc2.com/tb.php/812-f2dddb6b

忙しく時間に流されがちな日々に優しい光や新しい風を送ることができたら… そんな思いで生地のセレクトからデザイン、縫製までひとつずつ心を込めてハンドメイドの製品を作っています。 ハワイの心地よい風をお届けできますように…。 http://www.iichi.com/shop/lauaealoha

M@lauaealoha

Author:M@lauaealoha

管理人の判断により、コメントを削除する場合もあります。ご了承ください。

ブログランキング参加中♪

にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

ポチッとお願いします<(_ _)>

イビス アンバサダー ミョンドンのクチコミ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。